何度新しく契約しても不透明で後味が悪いインターネット回線の契約

現在のインターネットの回線の契約は今回が5回目です。パソコン購入時に同時に契約となったものから、ある日自宅玄関で飛び込み営業で契約したもの、電話で勧誘を受けて契約したものなどいろいろです。私自身ネット回線について浮気性なのではなく、毎回回線の接続状況が悪かったり携帯電話と連動させることで割引サービスをしてもらいたいからなど、私なりに考えた結果の契約変更のつもりです。
どの回線も大きく悪いわけではなくても、契約時に持った魅力的なところがさほどではない印象もあり、基本的にネット回線の契約は半分だまされている印象を受けてしまいます。今回だけは相手先を確認して、他社と比較して納得して契約しようと意気込んでも回線業者の素性がわかりづらく、また回線の接続自体が難しいことに感じるため不透明さは拭えません。そしてなんといっても営業方法が胡散臭いのです。
まずは回線業者が自分たちの会社の名前を言わず代理店となっている先の会社名(KDDIです、DOCOMOですなど)を言ってくるので契約の段階までうっかり信頼しきってしまう。電話の担当があいまいな返答を繰り返した挙句、担当者がどんどん変わっていく。いきなり飛び込みで来た人が見た目が指輪やピアスだらけで派手なうえ、断ると「上の階の人は契約した」など営業方法としては品のないことを言ったりしたこともあります。信じられなくて、代理店名をおおもとの会社に確認したこともあります。その際は間違いないく代理店だが、心配なら直接契約しますか?と提案されそのまま契約。途中まで打ち合わせをしていた代理店にその旨を伝えたら、たくさん責められ暴言を吐かれた挙句、ガチャ切りをされるなど、本当に気持ちよくない契約となったことが本当に多いのです。毎回契約後トラブルなどはありませんので悪い業者ではなかったようですが、本当に後味の悪い契約になることが多くて気分が悪いのです。代理店による営業方法、辞めてほしいです。もしシステムが変わらないなら、代理店の教育をしっかりしてほしい。ネット業界すべてがガラの悪い世界に感じてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>